Try and Error

SEによる検証報告やエラーとの闘い

SQL Serverのインストール後のApplicationログにESENT 489 455が出力される。
調べてみると、以下のKBが当てはまるようだ。


Windows Server 2012 のアプリケーション ログにエラー 1032 メッセージ
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2811566
製品の問題と書かれているけど、なかなか修正はされない。

以下のフォルダにSQL Server、SQL Server Analysis Servicesのサービスアカウントが書き込み権限がないことが原因である。
C:\Windows\System32\LogFiles\Sum

2017年5月18日追記
Microsoft SQL Server Japan Support Team Blogでも言及されたようです。

イベント ID : 455/489/490 及び 413/486 の対処方法について
https://blogs.msdn.microsoft.com/jpsql/2017/05/17/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88-id-455489490-%E5%8F%8A%E3%81%B3-413486-%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%87%A6%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/





次の手順でエラーは解消される。

Sumフォルダを右クリックしてプロパティを開く。
セキュリティタブで編集をクリックする。
追加をクリックする。
名前の確認サービスユーザー名を入力し、名前の確認をクリックし、OKをクリックする
(詳細設定から検索すると表示されないので、オブジェクト名を入力して名前の確認をクリックする。)
2

追加したユーザーを選択し、書き込みの許可をチェックし、OKをクリックする。
3

セキュリティの警告にOKをクリックする。

既定ではMSSQLSERVER、MSSQLServerOLAPServiceにアクセス権を追加する。
サービスユーザーが不明であれば、SQL Server 構成マネージャーで確認する。
1

SQL Server 2016の教科書 開発編






このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Server バックアップからのベアメタル回復を行う為の手順を紹介します。


Windows Server 2012 R2で確認しています。
ベアメタル回復を行うサーバーはWindows Server バックアップを行ったサーバーとする。
バックアップはローカルドライブに保存されているとする。

 -->別のサーバーで保存したWindowsImageBackup\(ホスト名ディレクトリ)をコピーすることで別のサーバーでも復元することが可能。
ホスト名のフォルダはWindowsImageBackupフォルダの配下にないと復元できない。
別のサーバーに復元する時はIPアドレスが引き継がれなかったので、再設定が必要。
(恐らくMACアドレスが変わって別のNICとして認識したためと思われる)



1).Windows Server バックアップからベアメタル回復を行う

1-1).対象サーバーをWindowsインストールメディアからブートする
1-2).「コンピューターを修復する」をクリックする
スクリーンショット13

1-3).「トラブルシューティング」をクリックする
スクリーンショット14

1-4).「イメージでシステムを回復」をクリックする
スクリーンショット15

1-5).「Windows Server 2012 R2」をクリックする
スクリーンショット16

1-6).「システムイメージを選択する」を選択し、「次へ」をクリックする
スクリーンショット17

1-7).バックアップが保存されている場所を選択し、「次へ」をクリックする
 --> ドライブ名はバックアップを保存したドライブ名と異なっていることがある。
スクリーンショット18

1-8).復元するバックアップを取得した日時を選択し、「次へ」をクリックする
スクリーンショット23

1-9).「ディスクをフォーマットしてパーティションに再分割する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックする
スクリーンショット25

1-10).「完了」をクリックし、表示された渓谷に「はい」をクリックする
スクリーンショット26

1-11).復元が完了した後でサーバーを再起動する


このエントリーをはてなブックマークに追加

ベアメタル回復を行う為のWindows Server バックアップの取得手順を紹介します。

※ご自身で検証したうえで設定してください。

Windows Server 2012 R2で確認しています。
バックアップの取得はオンラインで可能。
バックアップの取得はスケジュールに沿って実行することも任意のタイミングで行うことも可能。
 --> 今回は任意のタイミングでの手順とする
Windows Update前にバックアップを取得し、不具合があった場合にはバックアップ取得時の状態に復元できる。
バックアップの保存先はローカルドライブとリモート共有フォルダーを選択できる。
 --> 今回はローカルドライブに保存する手順とする

 -->ディスクが壊れたことを想定するのならば、一度ローカルディスクに保存したファイルを別のストレージなどに保存しておけば、別のサーバーでも復元できることを確認済み。ただし、IPアドレスの再設定が必要。



1).Windows Server バックアップをインストールする

1-1).Powershellを管理者として実行する

1-2).次のコマンドを実行し、Windows Server バックアップをインストールする
Import-Module -Name ServerManager
Add-WindowsFeature Windows-Server-Backup

1-3).次のコマンドを実行し、Windows Server バックアップがインストールされたことを確認する
Get-WindowsFeature -Name * | Where-Object {$_.Installed -eq $true}





2).Windows Server バックアップを取得する

2-1).Powershellを管理者として実行する

2-2).次のコマンドを実行し、Windows Server バックアップを開く
wbadmin.msc

2-3).「ローカルバックアップ」を右クリックし、「単発バックアップ」をクリックする

2-4).「別のオプション」を選択し、「次へ」をクリックする
スクリーンショット1

2-5).「カスタム」を選択し、「次へ」をクリックする
  -->今回はローカルドライブにバックアップを保存する為、サーバー全体ではなく、カスタムを選択する。
スクリーンショット2

2-6).「詳細設定」をクリックする
スクリーンショット 3

2-7).「VSSの設定」タブで「VSS コピーバックアップ」を選択し、「OK」をクリックする
 --> ここではアプリケーションのバックアップは別の製品で取得するものとする
スクリーンショット 4

2-8).「項目の追加」をクリックする
スクリーンショット 5

2-9).「ベアメタル回復」にチェックを入れ、ベアメタル回復に必要なチェックが入れられたことを確認し、「OK」をクリックする
 --> Eドライブはバックアップを保存する領域の為、バックアップする必要はない
スクリーンショット 6

2-10).バックアップする項目を確認し、「次へ」をクリックする
スクリーンショット 7

2-11).「ローカルドライブ」を選択し、「次へ」をクリックする
スクリーンショット 8

2-12).「バックアップ先」を指定し、「次へ」をクリックする
スクリーンショット 9


2-13).「確認」画面で内容を確認し、「バックアップ」をクリックする
2-14).「バックアップの進行状況」画面でバックアップが完了したことを確認し、「閉じる」をクリックする

2-15).バックアップを保存したドライブ配下に「WindowsImageBackup\(ホスト名ディレクトリ)」にバックアップファイルが保存される

 --> WindowsImageBackup\(ホスト名ディレクトリ)を別のサーバーにコピーすることで別のサーバーでも復元することが可能。
ホスト名のフォルダはWindowsImageBackupフォルダの配下にないと復元できない。
別のサーバーに復元する時はIPアドレスが引き継がれなかったので、再設定が必要。
(恐らくMACアドレスが変わって別のNICとして認識したためと思われる)




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ