Try and Error

SEによる検証報告やエラーとの闘い

CSV上のHyper-VのVMのバックアップを取ろうとすると、レプリカに整合性がありませんと表示され、失敗する イベントログのDPM AlertsにはDPM-EM,3106のエラーが多発している。 Hyper-Vホストに到達できないというエラーのようだが、名前解決はできている。 RU1で解消されている以下の問題が気になる。 http://support.microsoft.com/kb/2785682 クライアントのコンピューター名が、Active Directory に格納されているクライアントのコンピューター名の違いが大文字の場合は、クライアントのバックアップが失敗します。 他にも以下のKBを適用してみる価値はありそうだ。 仮想マシンは一時停止状態になるか、バックアップ、バーチャル マシンを Windows Server 2012 ベースのフェールオーバー クラスターを作成しようとすると、CSV ボリュームがオフラインになります。 http://support.microsoft.com/kb/2813630
このエントリーをはてなブックマークに追加

DNSレコードの作成、共有フォルダーの作成は割愛します。 Lync Serverのインストールに必要なサーバーの役割・機能の追加。 インストール完了後に役割・機能が追加されていたものを確認しました。 powershellで以下のコマンドを実行し、確認しました。 Get-WindowsFeature | Where-Object {$_.installed -match "true"}   Display Name ------------ [X] Web サーバー (IIS) [X] Web サーバー [X] HTTP 共通機能 [X] HTTP エラー [X] ディレクトリの参照 [X] 既定のドキュメント [X] 静的なコンテンツ [X] セキュリティ [X] 要求フィルター [X] Windows 認証 [X] クライアント証明書マッピング認証 [X] パフォーマンス [X] 静的なコンテンツの圧縮 [X] 動的なコンテンツの圧縮 [X] 状態と診断 [X] HTTP ログ [X] トレース [X] ログ ツール [X] アプリケーション開発 [X] .NET 拡張機能 3.5 [X] .NET 拡張機能 4.5 [X] ASP.NET 3.5 [X] ASP.NET 4.5 [X] ISAPI フィルター [X] ISAPI 拡張 [X] 管理ツール [X] IIS 管理コンソール [X] IIS 管理スクリプトおよびツール [X] ファイル サービスおよび記憶域サービス [X] ファイル サービスおよび iSCSI サービス [X] ファイル サーバー [X] 記憶域サービス [X] .NET Framework 3.5 Features [X] .NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む) [X] .NET Framework 4.5 Features [X] .NET Framework 4.5 [X] ASP.NET 4.5 [X] WCF サービス [X] HTTP アクティブ化 [X] TCP ポート共有 [X] Media Foundation [X] RDC (Remote Differential Compression) [X] Windows Identity Foundation 3.5 [X] Windows PowerShell [X] Windows PowerShell 3.0 [X] Windows PowerShell 2.0 エンジン [X] Windows PowerShell ISE [X] Windows プロセス アクティブ化サービス [X] プロセス モデル [X] 構成 API [X] WoW64 サポート [X] インクと手書きサービス [X] ユーザー インターフェイスとインフラストラクチャ [X] グラフィック管理ツールとインフラストラクチャ [X] サーバー グラフィック シェル [X] デスクトップ エクスペリエンス [X] リモート サーバー管理ツール [X] 役割管理ツール [X] AD DS および AD LDS ツール [X] AD DS ツール [X] Active Directory 管理センター [X] AD DS スナップインおよびコマンドライン ツール [X] AD LDS スナップインおよびコマンドライン ツール [X] Windows PowerShell の Active Director... 必要最小限とはいかないけど、不足はないはず。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Server の修正プログラム(hotfix)がまとめられたサイトはないか?と思っていたが、 マイクロソフトでは用意していないらしい。 マイクロソフトの人が言っていたので、間違いないはず。 障害が起きてから修正プログラム(hotfix)の存在を知らされることが多いので、何とかできないものか。 まとめられたリンクはなかったけど、代用できそうなサイトがあった。 Microsoft Knowledge Base monitoring http://kbupdate.info/ 各OSごとに公開されたKBのリンクがまとめられている。 見てもらうとわかるが、多すぎてちょっとやる気がなくなるぐらい。 タイトルだけ見て、これは!というのだけリンクまで見ればいいと思う。 Windows Server 2008 R2だけ直近2か月分だけ見たけど、適用した方がいいなと思うものもいくつかあった。 特に予期せぬ再起動が発生するものは適用しておきたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ