OpenStack 上のWindows Serverがブルースクリーン、ブラックスクリーンになるという事例はかなりよく聞く。
個人的にはKVM ハイパーバイザーよりもHyper-VやVMware ESXiにした方が良いと思うのだが。

多くの場合、VirtIOドライバを最新版にアップデートすることで改善されるようだ。
特に netkvm と viostor は不具合が多い。
最近、確認したのはWindowsの機能の管理ツールが応答しなくなる事象もドライバのバージョンアップで解消されることがある。


最新版のVirtIOドライバは以下からダウンロード可能。
https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/stable-virtio/virtio-win.iso

歴代のバージョンは以下から確認可能。
https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/archive-virtio/


現在の最新版はvirtio-win-0.1.141というバージョン。

現在、利用中のドライバのバージョンは以下のPowershellで確認可能。
要 管理者実行。

FilePrivatePart が14100なら現時点での最新版のvirtio-win-0.1.141のドライバが使われている。
それより値が小さい場合は最新版ではないので、最新版の適用を検討した方が良い。


(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\netkvm.sys).VersionInfo | Format-Table ProductVersion, FilePrivatePart -Force

ProductVersion                            FilePrivatePart
--------------                            ---------------
63.74.104.14100                                     14100


(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\viostor.sys).VersionInfo | Format-Table ProductVersion, FilePrivatePart -Force

ProductVersion                            FilePrivatePart
--------------                            ---------------
62.74.104.14100                                     14100