Try and Error

SEによる検証報告やエラーとの闘い

カテゴリ: SQL Server

Windows Server 2019にSQL Server 2019 Standard Editionをインストールしたので、画面キャプチャーベースで手順を共有する。
環境としてはインターネットには接続していないでインストールをしている。

capture20191119140336353

capture20191119140347682

capture20191119140434981

capture20191119140500308

capture20191119141520131

capture20191119141605719

capture20191119141658009

capture20191119141714066

capture20191119141821713

capture20191119141855911
SQL Server 2019からPolyBaseのインストール要件にドメイン参加が必要なくなったようだ。
使い方は制限されるようだ。

capture20191119142040430

capture20191119142132998

capture20191119142328331

capture20191119142414296
スケールアウトグループの一部として使う場合はドメイン参加が必要。
インストール後にこの構成を変更することはできない。

capture20191119142526275

capture20191119142625175



capture20191119142745311
PolyBaseのサービスアカウントがドメインユーザーである必要がなくなっている。
※PolyBaseをスケールアウトグループの一部として使う場合はドメインユーザーを指定する必要がある。

capture20191119142817086

capture20191119142924387
capture20191119142945147

capture20191119143003888
ファイルの数はサーバーのCPU数によって、指定できる値が変わる。


capture20191119143050630
この画面は今までなかった設定画面。

capture20191119143205355
最大サーバーメモリがインストール時に設定できるようになっている。


capture20191119143226146



capture20191119143238759

capture20191119143345539


capture20191119143413528


capture20191119143512432


capture20191119143535333


capture20191119143603664


capture20191119143620212


capture20191119143831943


capture20191119144053871


capture20191119144401950


capture20191119144428949
上記の画面からcabファイルがダウンロードできるが、それをそのまま配置しても次の画面に進むことができない。
SQL Server 2017の時もそうだったけど、ダウンロードしたファイルの名前を変更する必要がある。

https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=2085686&lcid=1041
https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=2085792&lcid=1041
https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=2085793&lcid=1041
https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=2085685&lcid=1041


ダウンロードされるファイル名
SPO_4.5.12.120_1033.cab
SPS_9.4.7.25_1033.cab
SRO_3.5.2.125_1033.cab
SRS_9.4.7.25_1033.cab

以下のように変更する必要がある。

SPO_4.5.12.120_1041.cab
SPS_9.4.7.25_1041.cab
SRO_3.5.2.125_1041.cab
SRS_9.4.7.25_1041.cab



capture20191119195251012


capture20191119195830970


capture20191119195917917

名前を変更すると、次へボタンが押せるようになる。

capture20191119195943863




capture20191119200000494


capture20191119200112379

capture20191119201948089


capture20191119202343931

capture20191119203725546


capture20191119203756008
ワーカースレッドの最大数はここで変えられるようだ。

capture20191119204212686

capture20191119204505411
UTF8関連の照合順序が増えている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

SQL Serverのバージョンによって使える照合順序が変わってくる。
使える照合順序の一覧を表示するには以下のクエリを実行する必要がある。

SELECT Name, Description FROM fn_helpcollations()


条件を絞って表示したい場合は以下のようにwhere句で絞って検索できる。


SELECT Name, Description FROM fn_helpcollations()
WHERE Name like 'Japanese%'







このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft AzureでSQL Server(Virtual Machines)を使用すると、既定のインスタンスとしてインストールが完了している。
インストール前に名前付きインスタンスを指定することはできそうもない。
名前付きインスタンスでSQL Serverをインストールするには、一度、SQL Serverをアンインストールして再インストールする必要がありそうだ。


以下のFAQに機能の追加やインスタンスの追加はCドライブにあるメディアを使って行うことが許可されている。

SQL Server on Azure Virtual Machines FAQ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/sql/virtual-machines-windows-sql-server-iaas-faq

4.Can I change the installed features or install a second instance of SQL Server on the same VM?
Yes. The SQL Server installation media is located in a folder on the C drive. Run Setup.exe from that location to add new SQL Server instances or to change other installed features of SQL Server on the machine.



また以下では英語版のSQL Serverを一度、アンインストールして、
日本語SQL Server評価版をインストールし、ライセンスキーだけAzureのキーを適用する方法が紹介されている。

AzureのSQL Server VMイメージの日本語化
https://satonaoki.wordpress.com/2016/02/03/azure-sql-server-vm-japanese/


上記、2つの記事から考えるに一度、アンインストールして、再インストールすることは問題ないはず。
確認は取っていないので、実際に行う際は自己責任でお願いします。

同じやり方で照合順序も変更可能。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SQL Serverのフェールオーバークラスター構成で2つのセグメントにVIPを持たせたいというユーザー要件があった。
そもそもできるのかわからなかったので、調べてみた。

以下のKBの「マルチサブネット フェールオーバー クラスター インスタンス構成」が該当するようだ。

SQL Server マルチサブネット クラスタリング (SQL Server)
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff878716.aspx





実際に構築できることを確認したので、ポイントだけまとめておく。
まずはMSFCの構成でVIPを持たせるセグメントを2つ指定しておく。

「フェールオーバークラスターマネージャー」-「ネットワーク」で構築時にVIPを持たせていなかったネットワークを右クリックし、「クライアントにこのネットワーク経由の接続を許可する」にチェックする
1

「フェールオーバークラスターマネージャー」-「クラスター名」-「クラスターコアリソース」「クラスター名」のプロパティでIPアドレスを追加する。
2

SQL Server フェールオーバークラスターのインストールでクラスターのネットワークを複数のセグメントを選択できるようになる。
3



このエントリーをはてなブックマークに追加


SQL Server 2008 R2の時にはスリップストリームメディアというのが作成できた。
SQL Server 2008 R2にはwith SP1のようなメディアがなかったが、SP1のexeを別に実行することなく、SP1を適用した状態でインストールできるようにする為のもの。

SQL Server 2016ではスマートセットアップという言い方になったそうだ。
インターネットに接続可能な環境であれば、以下の画面で「SQL Server製品の更新プログラムを含める」をチェックし、表示された更新プログラムにチェックを入れる。
ここでSP1にチェックを入れれば、以降のインストール画面はSP1のものになる。
※SQL Server 2016の場合はRTMとSP1で選択できるものが変わってくる(特にPolyBase関連)。
イメージ2255_1





インターネットに接続できない環境であれば、SPのexeファイルをダウンロードしておき、Setup.exeをコマンドラインから実行することで、スマートセットアップが可能。
SPだけでなく、CUでも同様。

メディアをDドライブにマウントし、SPのexeファイルをC:\work配下に保存した場合は以下のようなコマンドラインで実行できる。
D:\>setup.exe /ACTION=INSTALL /UpdateEnabled=1 /UpdateSource="C:\work"



SQL Server 2016の教科書 開発編







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ