Try and Error

SEによる検証報告やエラーとの闘い

カテゴリ: Windows Server

Hyper-VホストがDatacenter Editionでライセンス認証がされていれば、VMもAutomatic Virtual Machine Activationを使ってライセンス認証ができる。
インターネット接続も不要。
Hyper-VホストがWindows Server 2016の場合はVMはWindows Server 2016でもWindows Server 2012R2でもライセンス認証が可能。
Hyper-VホストがWindows Server 2012 R2の場合はVMはWindows Server 2012 R2のみでライセンス認証が可能。


以下に英語の記事があるが、毎回検索するのが面倒なので、この記事でまとめておく。


Automatic Virtual Machine Activation

https://technet.microsoft.com/fi-fi/library/dn303421

 



実行するコマンド
slmgr /ipk <AVMA_key>


Windows Server 2012 R2

Edition

AVMA key

Datacenter

Y4TGP-NPTV9-HTC2H-7MGQ3-DV4TW

Standard

DBGBW-NPF86-BJVTX-K3WKJ-MTB6V

 

Windows Server 2016

Edition

AVMA key

Datacenter

TMJ3Y-NTRTM-FJYXT-T22BY-CWG3J

Standard

C3RCX-M6NRP-6CXC9-TW2F2-4RHYD

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語OSと日本語の言語パックを追加した英語OSでは機能の一覧の表示が異なる

AzureではWindows Serverのテンプレートは英語版しか提供されない。
日本語の言語パックを追加することで日本語化できるが、機能の一覧の表示が異なる。
日本語OSでは日本語が混ざった表記になるが、日本語の言語パックを追加した場合にはアルファベットのみになる。
大した違いではないが、GUIで見ると並び順が異なるところが出てくる。


以下はWindows Server 2012 R2の日本語の言語パックを追加した場合のDisplayNameの結果


PS C:\Users\Administrator> Get-WindowsFeature | Format-Table -Property DisplayName

DisplayName
-----------
Active Directory Certificate Services
Certification Authority
Certificate Enrollment Policy Web Service
Certificate Enrollment Web Service
Certification Authority Web Enrollment
Network Device Enrollment Service
Online Responder
Active Directory Domain Services
Active Directory Federation Services
Active Directory Lightweight Directory Services
Active Directory Rights Management Services
Active Directory Rights Management Server
Identity Federation Support
Application Server
.NET Framework 4.5
COM+ Network Access
Distributed Transactions
WS-Atomic Transactions
Incoming Network Transactions
Outgoing Network Transactions
TCP Port Sharing
Web Server (IIS) Support
Windows Process Activation Service Support
HTTP Activation
Message Queuing Activation
Named Pipes Activation
TCP Activation
DHCP Server
DNS Server
Fax Server
File and Storage Services
File and iSCSI Services
File Server
BranchCache for Network Files
Data Deduplication
DFS Namespaces
DFS Replication
File Server Resource Manager
File Server VSS Agent Service
iSCSI Target Server
iSCSI Target Storage Provider (VDS and VSS hardware providers)
Server for NFS
Work Folders
Storage Services
Hyper-V
Network Policy and Access Services
Network Policy Server
Health Registration Authority
Host Credential Authorization Protocol
Print and Document Services
Print Server
Distributed Scan Server
Internet Printing
LPD Service
Remote Access
DirectAccess and VPN (RAS)
Routing
Web Application Proxy
Remote Desktop Services
Remote Desktop Connection Broker
Remote Desktop Gateway
Remote Desktop Licensing
Remote Desktop Session Host
Remote Desktop Virtualization Host
Remote Desktop Web Access
Volume Activation Services
Web Server (IIS)
Web Server
Common HTTP Features
Default Document
Directory Browsing
HTTP Errors
Static Content
HTTP Redirection
WebDAV Publishing
Health and Diagnostics
HTTP Logging
Custom Logging
Logging Tools
ODBC Logging
Request Monitor
Tracing
Performance
Static Content Compression
Dynamic Content Compression
Security
Request Filtering
Basic Authentication
Centralized SSL Certificate Support
Client Certificate Mapping Authentication
Digest Authentication
IIS Client Certificate Mapping Authentication
IP and Domain Restrictions
URL Authorization
Windows Authentication
Application Development
.NET Extensibility 3.5
.NET Extensibility 4.5
Application Initialization
ASP
ASP.NET 3.5
ASP.NET 4.5
CGI
ISAPI Extensions
ISAPI Filters
Server Side Includes
WebSocket Protocol
FTP Server
FTP Service
FTP Extensibility
Management Tools
IIS Management Console
IIS 6 Management Compatibility
IIS 6 Metabase Compatibility
IIS 6 Management Console
IIS 6 Scripting Tools
IIS 6 WMI Compatibility
IIS Management Scripts and Tools
Management Service
Windows Deployment Services
Deployment Server
Transport Server
Windows Server Essentials Experience
Windows Server Update Services
WID Database
WSUS Services
Database
.NET Framework 3.5 Features
.NET Framework 3.5 (includes .NET 2.0 and 3.0)
HTTP Activation
Non-HTTP Activation
.NET Framework 4.5 Features
.NET Framework 4.5
ASP.NET 4.5
WCF Services
HTTP Activation
Message Queuing (MSMQ) Activation
Named Pipe Activation
TCP Activation
TCP Port Sharing
Background Intelligent Transfer Service (BITS)
IIS Server Extension
Compact Server
BitLocker Drive Encryption
BitLocker Network Unlock
BranchCache
Client for NFS
Data Center Bridging
Direct Play
Enhanced Storage
Failover Clustering
Group Policy Management
IIS Hostable Web Core
Ink and Handwriting Services
Internet Printing Client
IP Address Management (IPAM) Server
iSNS Server service
LPR Port Monitor
Management OData IIS Extension
Media Foundation
Message Queuing
Message Queuing Services
Message Queuing Server
Directory Service Integration
HTTP Support
Message Queuing Triggers
Multicasting Support
Routing Service
Message Queuing DCOM Proxy
Multipath I/O
Network Load Balancing
Peer Name Resolution Protocol
Quality Windows Audio Video Experience
RAS Connection Manager Administration Kit (CMAK)
Remote Assistance
Remote Differential Compression
Remote Server Administration Tools
Feature Administration Tools
SMTP Server Tools
BitLocker Drive Encryption Administration Utilities
BitLocker Drive Encryption Tools
BitLocker Recovery Password Viewer
BITS Server Extensions Tools
Failover Clustering Tools
Failover Cluster Management Tools
Failover Cluster Module for Windows PowerShell
Failover Cluster Automation Server
Failover Cluster Command Interface
IP Address Management (IPAM) Client
Network Load Balancing Tools
SNMP Tools
WINS Server Tools
Role Administration Tools
AD DS and AD LDS Tools
Active Directory module for Windows PowerShell
AD DS Tools
Active Directory Administrative Center
AD DS Snap-Ins and Command-Line Tools
Server for NIS Tools [DEPRECATED]
AD LDS Snap-Ins and Command-Line Tools
Hyper-V Management Tools
Hyper-V GUI Management Tools
Hyper-V Module for Windows PowerShell
Remote Desktop Services Tools
Remote Desktop Gateway Tools
Remote Desktop Licensing Diagnoser Tools
Remote Desktop Licensing Tools
Windows Server Update Services Tools
API and PowerShell cmdlets
User Interface Management Console
Active Directory Certificate Services Tools
Certification Authority Management Tools
Online Responder Tools
Active Directory Rights Management Services Tools
DHCP Server Tools
DNS Server Tools
Fax Server Tools
File Services Tools
DFS Management Tools
File Server Resource Manager Tools
Services for Network File System Management Tools
Share and Storage Management Tool
Network Policy and Access Services Tools
Print and Document Services Tools
Remote Access Management Tools
Remote Access GUI and Command-Line Tools
Remote Access module for Windows PowerShell
Volume Activation Tools
Windows Deployment Services Tools
RPC over HTTP Proxy
Simple TCP/IP Services
SMB 1.0/CIFS File Sharing Support
SMB Bandwidth Limit
SMTP Server
SNMP Service
SNMP WMI Provider
Telnet Client
Telnet Server
TFTP Client
User Interfaces and Infrastructure
Graphical Management Tools and Infrastructure
Desktop Experience
Server Graphical Shell
Windows Biometric Framework
Windows Feedback Forwarder
Windows Identity Foundation 3.5
Windows Internal Database
Windows PowerShell
Windows PowerShell 4.0
Windows PowerShell 2.0 Engine
Windows PowerShell Desired State Configuration Service
Windows PowerShell ISE
Windows PowerShell Web Access
Windows Process Activation Service
Process Model
.NET Environment 3.5
Configuration APIs
Windows Search Service
Windows Server Backup
Windows Server Migration Tools
Windows Standards-Based Storage Management
Windows TIFF IFilter
WinRM IIS Extension
WINS Server
Wireless LAN Service
WoW64 Support
XPS Viewer



以下はWindows Server 2012 R2の日本語版のDisplayNameの結果

PS C:\Users\dcadmin> Get-WindowsFeature | Format-Table -Property DisplayName

DisplayName
-----------
Active Directory Federation Services
Active Directory Rights Management サービス
Active Directory Rights Management サーバー
ID フェデレーション サポート
Active Directory ドメイン サービス
Active Directory ライトウェイト ディレクトリ サービス
Active Directory 証明書サービス
証明機関
オンライン レスポンダー
ネットワーク デバイス登録サービス
証明機関 Web 登録
証明書の登録 Web サービス
証明書の登録ポリシー Web サービス
DHCP サーバー
DNS サーバー
FAX サーバー
Hyper-V
Web サーバー (IIS)
Web サーバー
HTTP 共通機能
HTTP エラー
ディレクトリの参照
既定のドキュメント
静的なコンテンツ
HTTP リダイレクト
WebDAV 発行
セキュリティ
要求フィルター
IIS クライアント証明書マッピング認証
IP およびドメインの制限
SSL 証明書の集中サポート
URL 承認
Windows 認証
クライアント証明書マッピング認証
ダイジェスト認証
基本認証
パフォーマンス
静的なコンテンツの圧縮
動的なコンテンツの圧縮
状態と診断
HTTP ログ
ODBC ログ
カスタム ログ
トレース
ログ ツール
要求の監視
アプリケーション開発
.NET 拡張機能 3.5
.NET 拡張機能 4.5
Application Initialization
ASP
ASP.NET 3.5
ASP.NET 4.5
CGI
ISAPI フィルター
ISAPI 拡張
WebSocket プロトコル
サーバー側インクルード
FTP サーバー
FTP サービス
FTP 拡張
管理ツール
IIS 管理コンソール
IIS 6 管理互換
IIS 6 メタベース互換
IIS 6 WMI 互換
IIS 6 スクリプト ツール
IIS 6 管理コンソール
IIS 管理スクリプトおよびツール
管理サービス
Windows Server Essentials エクスペリエンス
Windows Server Update Services
WID Database
WSUS Services
データベース
Windows 展開サービス
トランスポート サーバー
展開サーバー
アプリケーション サーバー
.NET Framework 4.5
COM+ ネットワーク アクセス
TCP ポート共有
Web サーバー (IIS) サポート
Windows プロセス アクティブ化サービス サポート
HTTP アクティブ化
TCP のアクティブ化
メッセージ キューのアクティブ化
名前付きパイプのアクティブ化
分散トランザクション
WS-Atomic Transactions
受信ネットワーク トランザクション
発信ネットワーク トランザクション
ネットワーク ポリシーとアクセス サービス
ネットワーク ポリシー サーバー
HCAP (Host Credential Authorization Protocol)
正常性登録機関
ファイル サービスと記憶域サービス
ファイル サービスおよび iSCSI サービス
ファイル サーバー
DFS レプリケーション
DFS 名前空間
iSCSI ターゲット サーバー
iSCSI ターゲット記憶域プロバイダー (VDS および VSS ハードウェア プロバイダー)
NFS サーバー
データ重複除去
ネットワーク ファイル用 BranchCache
ファイル サーバー VSS エージェント サービス
ファイル サーバー リソース マネージャー
ワーク フォルダー
記憶域サービス
ボリューム ライセンス認証サービス
リモート アクセス
DirectAccess および VPN (RAS)
Web アプリケーション プロキシ
ルーティング
リモート デスクトップ サービス
リモート デスクトップ Web アクセス
リモート デスクトップ ゲートウェイ
リモート デスクトップ セッション ホスト
リモート デスクトップ ライセンス
リモート デスクトップ仮想化ホスト
リモート デスクトップ接続ブローカー
印刷とドキュメント サービス
プリント サーバー
LPD サービス
インターネット印刷
分散スキャン サーバー
.NET Framework 3.5 Features
.NET Framework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0 を含む)
HTTP アクティブ化
非 HTTP アクティブ化
.NET Framework 4.5 Features
.NET Framework 4.5
ASP.NET 4.5
WCF サービス
HTTP アクティブ化
TCP アクティブ化
TCP ポート共有
メッセージ キュー (MSMQ) アクティブ化
名前付きパイプのアクティブ化
BitLocker ドライブ暗号化
BitLocker ネットワーク ロック解除
BranchCache
Direct Play
HTTP プロキシを経由した RPC
IIS ホスト可能な Web コア
IP アドレス管理 (IPAM) サーバー
iSNS サーバー サービス
LPR ポート モニター
Management OData IIS 拡張機能
NFS クライアント
RAS 接続マネージャー管理キット (CMAK)
RDC (Remote Differential Compression)
Simple TCP/IP Services
SMB 1.0/CIFS ファイル共有のサポート
SMB Bandwidth Limit
SMTP サーバー
SNMP サービス
WMI SNMP プロバイダー
Telnet クライアント
Telnet サーバー
TFTP クライアント
Windows Identity Foundation 3.5
Windows Internal Database
Windows PowerShell
Windows PowerShell 4.0
Windows PowerShell 2.0 エンジン
Windows PowerShell Desired State Configuration Service
Windows PowerShell ISE
Windows PowerShell Web Access
Windows Search サービス
Windows Server バックアップ
Windows Server 移行ツール
Windows TIFF IFilter
Windows フィードバック転送
Windows プロセス アクティブ化サービス
プロセス モデル
.NET 環境 3.5
構成 API
Windows 生体認証フレームワーク
Windows 標準ベースの記憶域の管理
WinRM IIS 拡張機能
WINS サーバー
WoW64 サポート
XPS ビューアー
インクと手書きサービス
インターネット印刷クライアント
グループ ポリシーの管理
データ センター ブリッジング
ネットワーク負荷分散
バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS)
IIS サーバー拡張機能
コンパクト サーバー
ピア名解決プロトコル
フェールオーバー クラスタリング
マルチパス I/O
メッセージ キュー
メッセージ キュー サービス
メッセージ キュー サーバー
HTTP サポート
ディレクトリ サービス統合
マルチキャスト サポート
メッセージ キュー トリガー
ルーティング サービス
メッセージ キュー DCOM プロキシ
メディア ファンデーション
ユーザー インターフェイスとインフラストラクチャ
グラフィック管理ツールとインフラストラクチャ
サーバー グラフィック シェル
デスクトップ エクスペリエンス
リモート アシスタンス
リモート サーバー管理ツール
機能管理ツール
SMTP サーバー ツール
BitLocker ドライブ暗号化管理ユーティリティ
BitLocker ドライブ暗号化ツール
BitLocker 回復パスワード ビューアー
BITS サーバー拡張ツール
IP アドレス管理 (IPAM) クライアント
SNMP ツール
WINS サーバー ツール
ネットワーク負荷分散ツール
フェールオーバー クラスタリング ツール
Windows PowerShell 用のフェールオーバー クラスター モジュール
フェールオーバー クラスター管理ツール
フェールオーバー クラスター コマンド インターフェイス
フェールオーバー クラスター自動化サーバー
役割管理ツール
AD DS および AD LDS ツール
AD DS ツール
Active Directory 管理センター
AD DS スナップインおよびコマンドライン ツール
NIS サーバー ツール [非推奨]
AD LDS スナップインおよびコマンドライン ツール
Windows PowerShell の Active Directory モジュール
Hyper-V 管理ツール
Hyper-V GUI 管理ツール
Windows PowerShell 用 Hyper-V モジュール
Windows Server Update Services ツール
API と PowerShell コマンドレット
ユーザー インターフェイス管理コンソール
リモート デスクトップ サービス ツール
リモート デスクトップ ゲートウェイ ツール
リモート デスクトップ ライセンス ツール
リモート デスクトップ ライセンス診断機能ツール
Active Directory Rights Management サービス ツール
Active Directory 証明書サービス ツール
オンライン レスポンダー ツール
証明機関管理ツール
DHCP サーバー ツール
DNS サーバー ツール
FAX サーバー ツール
Windows 展開サービス ツール
ネットワーク ポリシーとアクセス サービス ツール
ファイル サービス ツール
DFS 管理ツール
ネットワーク ファイル システム管理ツールのサービス
ファイル サーバー リソース マネージャー ツール
共有と記憶域の管理ツール
ボリューム ライセンス認証ツール
リモート アクセス管理ツール
Windows PowerShell 用のリモート アクセス モジュール
リモート アクセス GUI ツールとコマンド ライン ツール
印刷とドキュメント サービス ツール
ワイヤレス LAN サービス
拡張記憶域
高品質な Windows オーディオ ビデオ エクスペリエンス


このエントリーをはてなブックマークに追加

以下の資料を参考にNano Serverをインストールしてみた。
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/local/documents/default.aspx?pdid=WS
Windows Server 2016 & System Center 2016 評価ガイド GA 版

今回はWindows Server 2016でvhdxファイルを作成し、作成したvhdxファイルをHyper-Vで動かしてみた。

Nano ServerのインストールにはWindows Serverメディアに含まれるNanoServer.wimが必要。
日本語版メディアでもインストールできるが、不具合があるらしいので、英語版の利用が推奨されているようだ。

IPアドレスもvhdxファイルを作成するコマンドで設定する。
役割や機能の追加もvhdxファイルを作成するコマンドで設定できる。

逆にコンソール画面では設定変更はほとんど何もできない。





Windows ServerメディアのNanoServer\NanoServerImageGeneratorフォルダーにある3つのファイルとen-usサブフォルダーをC:\workにコピーする。
Windows PowerShellを管理者として実行する。

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned -Force
cd c:\work
Import-Module .\NanoServerImageGenerator.psm1

とりあえず以下のコマンドで実行してみた。
Eドライブにメディアをマウントしている。

New-NanoServerImage -Edition Standard -DeploymentType Guest -MediaPath E:\ -BasePath .\Base -TargetPath .\nano1.vhdx -ComputerName nano1 -MaxSize 10GB -InterfaceNameorIndex Ethernet -Ipv4Address <Ipv4Address> -IPv4SubnetMask 255.255.255.0 -IPv4Gateway <IPv4Gateway> -Ipv4Dns <Ipv4Dns> -EnableRemoteManagementPort

nano1というホスト名でnano1.vhdxというvhdxがC:\workにできる。
ファイルサイズは10GBを指定しているが、既定のファイルサイズ4GBらしい。

Hyper-VでVMを作って、nano1.vhdxをアタッチして起動。
あっという間に起動する。

リモート管理をしようとしたが、IPアドレスを使っての接続がうまくいかなかった。
もう少し検証してみるつもり。
ドメイン参加していれば、楽に接続できそうだ。

仕方ないので、Hyper-Vホストから以下のコマンドで接続した。
Enter-PSSession -VMName nano1 -Credential nano1\administrator
インストールだけでまだ使い勝手などは試せていない。

GUIでNano Serverを設定する方法もあるようだが、ADKを入れるのは面倒だ。
Nano Server Image Builder https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=54065


このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows Server 2012 R2でMPIOを構成する場合に特に適用すべき修正プログラムは以下です。
(2016年3月時点)

システムは、配列のコピーではなくホストのコピーに失敗するか、記憶域 LUN に Windows Server 2012 R2 のリセット後
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3121261


他にももちろん適用するべき修正プログラムはあると思いますが、
MPIOが正しく働かない場合に問題となるのは大抵以下の2つのドライバです。

・Mpio.sys
・Msdsm.sys

その為、上記2つのドライバを最新にしておけば、
パスが切り替わらない、障害を検知しないなどの既知のバグは解消できるはずです。

バージョンで言うと以下のバージョンが2016年3月時点では最新でした。
Mpio.sys (6.3.9600.18217)
Msdsm.sys (6.3.9600.18217)

※iSCSI構成の場合には別途、iSCSI関連のドライバを最新にする必要があります。
ISCSI セッションの後にデータが破損しているか、パスは、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 の回復
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3102997
Msiscsi.sys (6.3.9600.18123)



Powershellでドライバのバージョンを確認したい場合は次のコマンドで確認可能です。

(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\mpio.sys).VersionInfo | Format-Table FilePrivatePart -Force

(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\msdsm.sys).VersionInfo | Format-Table FilePrivatePart -Force

(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\msiscsi.sys).VersionInfo | Format-Table FilePrivatePart -Force

2016年12月15日追記
オプションの更新プログラムを含めてWindows Updateを適用すると、さらに新しいドライバーが適用されることを確認。
Mpio.sys (6.3.9600.18531)
Msdsm.sys (6.3.9600.18217)※以前、確認したバージョンのまま
Msiscsi.sys (6.3.9600.18470)
個別のKB情報までは確認できず。

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからWindows Server 2008 R2を構築する方は少ないと思いますが、
Windows Server 2008 R2でMPIOを構成する場合に特に適用すべき修正プログラムは以下です。
(2016年3月時点)

Windows Server 2008 R2 sp1 では、MPIO パスのフェイル オーバー中に I/O エラー
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3070714


他にももちろん適用するべき修正プログラムはあると思いますが、
MPIOが正しく働かない場合に問題となるのは大抵以下の2つのドライバです。

・Mpio.sys
・Msdsm.sys

その為、上記2つのドライバを最新にしておけば、
パスが切り替わらない、障害を検知しないなどの既知のバグは解消できるはずです。

バージョンで言うと以下のバージョンが2016年3月時点では最新でした。
Mpio.sys (6.1.7601.23103)
Msdsm.sys (6.1.7601.23103)

※iSCSI構成の場合には別途、iSCSI関連のドライバを最新にする必要があります。
Windows freezes or loses cluster disk reservation during a stress test in iSCSI initiator
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2957560
Msiscsi.sys (6.1.7601.22647)



Powershellでドライバのバージョンを確認したい場合は次のコマンドで確認可能です。

(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\mpio.sys).VersionInfo | Format-Table FilePrivatePart -Force

(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\msdsm.sys).VersionInfo | Format-Table FilePrivatePart -Force

(Get-ItemProperty C:\Windows\System32\drivers\msiscsi.sys).VersionInfo | Format-Table FilePrivatePart -Force


Windows Server 2012 R2でMPIOを構成する場合に適用すべき修正プログラム
http://tricra.doorblog.jp/archives/63186649.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ